第37回 春のインターウニ (2018年3月) を開催しました!
Das 37. interuniversitäre Juniorenseminar fand
von 8. bis 12. März 2018 in Nasu statt!

 
第37回春のインターウニ・ゼミナールは「大切なこと」をテーマに開催されました。

人は誰でも、たくさんの「大切なこと」を持っています。今回のインターウニでは、「大切なこと」について、Was wichtig ist.あるいはFür mich wichtig ist …..といったドイツ語を使いながらいろいろな角度から考えてみました。
ゼミ前半では、語学力に応じて、何が大事かを語る表現を練習し、上級クラスでは異文化間で異なる多様な価値観について議論をしたりしました。
ゼミ後半では、参加者ひとりひとりが大切だとおもうテーマについて、新たなグループを作って議論し、最終日にプレゼンをしました。
そのテーマは驚くほど多様なもので
  • Mitmenschen(2グループ)
  • Freiheit
  • Umwelt
  • Zeit
  • Gesundheit
  • Geld
  • Frieden
の8つのグループに分かれて、最終日のドイツ語発表を行いました。
何が大切なのかストレートに問いかけ、あるいは、何かを大切だと主張する人がもたらす滑稽だったり迷惑だったりする騒動を表現することで、参加者のみなさんはきっと、ドイツや韓国や日本の他大学から来た多様な参加者たちと一緒に考え、たくさんドイツ語で話をしてたインターウニの思い出を、きっと「大切に」していってくれることでしょう。
  • ☆ 春のインターウニは毎年、国際医療福祉大学のご厚意により、那須セミナーハウスをお借りして運営しています。すばらしい環境でセミナーが実施できますことを、心より感謝申しあげます。Das interuniversitäre Juniorenseminar findet jedes Jahr im Nasu-Seminarhaus der "International University of Health and Welfare"statt. Das Organisationskomitee des Interuniseminars bedankt sich ganz herzlich für die großzügige Unterstützung der Universität, die uns freundlicherweise das wunderbare Seminahaus zur Verfügung stellt.