インターウニ・ゼミナールの歴史と、実行委員会

 deutsche Version hier (Interuni-Seminar ― seine Geschichte und sein Organisationsteam)


 インターウニを主催・運営しているのは、インターウニ・ゼミナール実行委員会です。

 インターウニの原型は、1978年に、辻
 王星(ひかる)氏が提唱し、三島憲一氏を始めとする当時の東京大学教養学部ドイツ科の教員とともに組織・運営した合宿ゼミでした。それまで行なっていたドイツ科内での合宿の門戸を広げて、当時さまざまな大学でドイツ文学・思想などを学んでいた学生・院生たちにも広く参加を呼びかけたのがその始まりです。当初は手弁当的なゼミでしたが、大学間の垣根を越えて議論したいというニーズは急速に広まり、合宿も定期的に開かれるようになりました。やがて、まだ名前がなかったゼミの名称が参加者の中で募集されると、現在は弘前大学でドイツ文学を教えている齊藤義彦氏が「インターウニ」の名前を提案して、みごと採用されました。

 ゲーテ・インスティトゥートやDAADもこのゼミナールを積極的に支援を寄せてくれました。とりわけ1980年代、ゲーテ・インスティトゥートの副所長であったKajo Niggestich, Hans Bauer氏といった方々は大きな理解を示し、個人的にも強い関心を持ってインターウニ・ゼミナールに参加するだけでなく、自ら実行委員会の一員としてゼミの実施・内容に積極的にかかわってくださいました。当時は、事実上インターウニの事務局がゲーテの中に置かれており、案内やテキストはゲーテ・インスティトゥートから発送されましたし、ゲーテ・インスティトゥートで毎月の「インターウニ例会」が開かれていた時期もありました。

 さまざまなドイツ語教員の方々が、インターウニに関わり、またこのゼミを担って来られました。とりわけ東京大学で、その後聖徳大学で教鞭を取られた吉島茂氏は、20年以上に亘り、インターウニの実行委員長を努めてこられました。シニア(夏のセミナール)に加えて、新たにドイツ語初心者向けのジュニア(春のインターウニ)のゼミナールを創出したのも吉島氏です。こうして1980年代からは、春は新甲子でのJuniorenseminar、夏は野尻湖でのSommerseminarという体制が確立しました。吉島氏は、誰にも真似のできない卓越した実行力と事務能力を以て、傍目には何でもないかのようにいとも易々と、実は大変な労力と情熱を傾けて、さまざまな交渉や金策にもあたりつつ、毎年のゼミナールを開催してインターウニを育ててきました。「インターウニの父」と呼ばれる吉島氏がさまざまな困難を克服して歩んでこられた仕事ぶりは、「継続は力なり」という金言を改めて思い出させてくれます。吉島氏の呼びかけに応じて、さまざまなドイツ語・ドイツ文学関係の研究者やドイツ人教員が、講師としてインターウニに参加してきました。

 その後、次の世代の研究者や若手教員が、いわば回り持ちでインターウニの実行委員の仕事を受け継いでいます。その中には、インターウニで育った学生・院生たちの中で教員になった後輩たちも多くいます。関係したすべての方々の名前を挙げることはできませんが、中でも、柿沼義孝(獨協大学)、境一三(慶応義塾大学)、大石紀一郎(東京大学)、星井牧子(早稲田大学)といった方々は、インターウニ実行委員としての重責を何年にもわたって引き受け、現在もさまざまな形でインターウニをサポートしてくださっています。現在ではバトンが浜崎桂子(立教大学)と相澤啓一(筑波大学)に渡され、この二人が実行委員として裏方を務めています。

 ゼミを取り巻く環境は徐々に変化してきました。インターネットが急速に普及する中、ネットでの申込みやメール連絡、ネット銀行での参加費支払い、テクストのPDFファイルでの配布(野尻ゼミ)など、事務手続きの面では時代の進歩から大きな恩恵を受けています。往復の交通にも東京からのチャーター・バスが利用されるようになりました。他方で、ドイツ語教育をめぐる環境は厳しさを増しており、若手研究者の就職難はゼミの運営を直撃してもいます。

 そうした中で、日本やアジアにおけるドイツ語・ドイツ文化の新たな役割を探り、ドイツ語教育の新たな方向性を模索するインターウニ・ゼミナールは、ますます大きな存在意義を持っていると自負しています。幸い、夏のゼミも春のゼミも、毎年多くの参加希望者に支えられて活動を続けることができています。2006年からは、ゲーテ・インスティトゥートの支援を得て、韓国からのゲストを定期的にお迎えすることができ、アジアの中でのドイツ語・ドイツ文化の意味を考えるという新たな課題も担えるようになってきています。またDAADからもドイツ人教員の国内交通費について補助をいただいており、ゼミの安定的な開催のために大きな助けとなっています。

 野尻のインターウニに参加した人たちの有志が社会人になっても都内で定期的に何人か集まって早朝ドイツ語勉強会を続けているという話を聞きます。ドイツでは、やはりインターウニ同窓生たちが思いがけず顔を合わせてネットワークを広げているとのことです。韓国からのゲストと交流を続ける参加者もいますし、インターウニを「卒業」して数十年たっても再び甲子のゼミに参加してくれる数学の先生もいます。2008年の野尻ゼミには20年以上前のインターウニで知り合ったカップルの子どもが大学生となって参加してくれましたし、今後もさまざまな出会いが生まれていくことでしょう。

 インターウニ実行委員会は、法人格すら持たない、有志教員の集まりに過ぎません。しかし、制度化されていないゆるやかな組織だからこそ、インターウニは、純粋にドイツ語教育や思想・文化に関して心ゆくまで議論をしたり、理想の教育をしたりする場を確保できているのだとも思われます。ドイツ語を使った議論や知的対話は、実は大学などの教育現場ではなかなか困難となりつつある今、むしろ本当に意味あることはボランティア組織でしかできないのではないかとすら思いながら、敢えて「インターウニ・ゼミナール実行委員会」という有志組織のまま、今後もインターウニ・ゼミナールの活動を実り豊かに続けてゆけることを願っています。

2008年10月


インターウニ・ゼミナール実行委員会  (代表:相澤 啓一・浜崎 桂子)

インターウニ・ゼミナール実行委員会への問い合わせはこちら